スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爺ちゃんの部屋

114 :本当にあった怖い名無し :2007/04/05(木) 18:31:27 ID:zTNT+LX50
俺が消防の頃の話。

夏休みに家族で婆ちゃんの家に遊びに行くことになって、
俺と兄貴はそのころ流行のスーパーファミコンと、お気に入りのソフトを持って行った。
婆ちゃんの家は周りに山が多い所で、近くには海もある。
消防の時の俺たちにはまさに天国だった。

そして、帰る前日の夜。
俺は飯を兄貴より早く食い終わって、二階に置いてあるスーファミで遊ぼうと思い二階に上がった。
二階には亡くなった爺ちゃんの部屋があって、そこに小さなテレビがあったから、
夜な夜な兄貴と格闘ゲーム(餓狼伝説?だったと思う)でこっそり盛り上がったりしてた。

んで、その部屋に入って俺は一人でゲームしてた。
そしたら10分ぐらいたった頃に、突然ドアが開いて兄貴が入ってきた。
でも階段を上がってくる音がしなかったから、俺は滅茶苦茶ビビって「うおっ!」って叫んでしまったw
でも兄貴は何故か反応もせずに、俺の隣に座ってコントローラーを手に取り出した。
なんだか兄貴の様子が変だったから、「大丈夫?」って聞いたが、それも無視。
で、気がついたらゲームのVSモードにいつの間にか変更されていて、兄貴はキャラをいつのまにか選んでいた。
仕方ないから勝負する事になったんだけど、兄貴滅茶苦茶強いはずなのに、今日は滅茶苦茶弱かったのな。
なぜかガードしかしない。
まぁあのくらいの強さなら俺でも簡単に勝てる訳で、あっさり勝ったよ。もちろん。
んで、やっぱ消防のころだからな、「兄貴弱ええwwwwww」って爆笑しちゃった。
そしたら兄貴、突然泣き出して、「ううう・・・」って言いながら部屋を飛び出してった。


116 :本当にあった怖い名無し :2007/04/05(木) 18:32:05 ID:zTNT+LX50
「はぁ?なんで泣いてるの?wwww」とか思いながら、部屋飛び出していった兄貴を見ると、
廊下の突き当たりにある窓を開けて飛び降りようとしてんの。
マジでビビって俺が動けない間に、兄貴は窓から飛び降りた。
突然起きたことに腰が抜けて動けなかったので、「おかあさああん!!!!!」って叫んだ。
すぐに婆ちゃんとお袋と親父が二階に凄いスピードで上がってきて、
「どうした?!何があった!!」って聞いてきた。
「兄貴が・・・窓から・・・」
「窓からどうした!?」
「飛び降りた・・・」
それを聞いた親父は、変なものを見る顔で俺にこう言った。
「M(兄貴の名前)なら一階で寝よるぞ」

一階に下りると確かに兄貴は寝ていた。
死んでたってオチは無いよ。俺の勘違いって事で平和的に解決したしな。
でも俺は、アレは勘違いじゃなかったと思う。
確かに兄貴は窓から飛び降りた。
俺が思うにあれ、爺ちゃんの霊が兄貴に化けて出てきたんだろうかなって思ってる。
爺ちゃん俺の顔を一度も見ずに死んじゃったから、
驚かせないように、俺が一人の時に兄貴に化けたのかなぁ・・って。
爺ちゃんが泣いてたのは悔しいんじゃなくて、
俺と一緒に遊ぶことが出来たからうれし泣きしたのかな・・って思った。
爺ちゃん、会いにきてくれてありがとう。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマガエル飼い始めました
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

まりねこ28

Author:まりねこ28
他にもブログやってます

暇つぶしオールフィクション
スカッとする話などをまとめてます

パチテン777
パチンコ・パチスロの演出やスペックなどを書き上げるところです


にほんブログ村 ネットブログへ

ランダム記事
スポンサード リンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。