スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独居老人の手紙

667 :あなたのうしろに名無しさんが… :2001/08/01(水) 22:46
中島らも氏のエッセイで読んだ話。
新聞の投書欄に送られてきた独居老人の手紙。

『定年で会社を辞めてから随分たつが、
 ここの所、出先から帰ると居間に自分がいる、ということがよくある。
 (中略)他にも焼き魚がビチビチと跳ねたり、
 妻に先立たれて退屈な日々を送っているには違いないが、
 ユーモアにしてもいささか度を越しているように思う(以下略)』

中島氏は「本人は『ユーモラスな体験投書』のつもりでいるところが鳥肌」と評していたが、
まったくもって同意。

ドッペル見ちまったのか、孤独に耐えられずゆっくり狂っていってるのか…
関連記事

テーマ : 恐怖の体験話 - ジャンル :

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマガエル飼い始めました
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

まりねこ28

Author:まりねこ28
他にもブログやってます

暇つぶしオールフィクション
スカッとする話などをまとめてます

パチテン777
パチンコ・パチスロの演出やスペックなどを書き上げるところです


にほんブログ村 ネットブログへ

ランダム記事
スポンサード リンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。