スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤマ目

746 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:13:55 ID:6Jl7rMMY0
あれは母の実家から帰る途中の出来事。
母の実家はG県の田舎で、夏はキャンプ、冬はスキーをする人が来るような山の中。
お盆の時期になり、母が祖父の家に帰るらしいので、3人で車に乗り出発。
久しぶりの事もあってか、祖父は大変嬉しそうに私達を迎え入れた。

1泊して自分達の家に帰る日の夜、祖父は月を見てこう言った。
「恵子・・・。もう一泊してかんか?・・わしゃ心配や・・・。山道は暗いしなぁ・・」
しかし、私や弟が明日友達と遊ぶのを知っている母は丁寧に断った。
今思えば、その時泊まっていけばよかった。

車の中で私は少し眠たく、ボーと外を眺めてた。
母は運転をしており、弟は眠っている。
母がたまに声を掛けてくれるも、上の空で返答していた。
道は山道と言っても舗装されており、トラックが頻繁に通る為、二車線のスペースはあるが一車線になっている。

ライトが道路を照らしてゆっくりカーブを曲がると、一瞬白いものが見えた。
母に「今何かいたよね?」と声を掛けると、「怖いから止めて」と怒られた。
その直後、私の中に何か入ってきたのが分かった。
一瞬寒気がして、酒に酔ったかのような視界、まともに口が聞けなくて身体が動かない。
「あ・・・やばい・・」って口にした瞬間、後ろで気配がした。
弟が起きている。助けを求めようとするが身体が動かない。
そして目線だけを送っていると、弟が急に背中をそり返した。
「あ”あ”あ”あ”あ”ーーーーーお”お”・・・・・!!!!」と、動物の叫び声のような奇声を発した。
そして私はスっと身体が楽になり、弟を改めてみると、獣のような匂い。
目が見開いて、ヨダレを垂らし、そして叫び声・・・。


747 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:14:36 ID:6Jl7rMMY0
母の方を見ると、泣きそうな顔で弟を見ていた。
車はとっくにとまっており、母を外に連れ出した。
近くに民家があったので助けを求めると、
「ヤマ目にやられたか!」と年配の方が言い、坊さんを呼べと家族に叫んでた。

私の記憶はそれまで。意識を失い気づいたら病院だった。
3日間も寝ていたらしい。母が先生を呼び外出許可が出た。
弟の事は怖くて聞けなかった。でも気がかりになり病院の外で母に尋ねた。
「あのさ・・・剛は・・?」
ピタっと笑顔がなくなり、こう言われた。
「・・・?だれ?それ? 子供はあなただけでしょ?」
はぁ?と思いふざけてるのかと思ったが母は本気だ。
急いで祖父に電話した。
「おじいちゃん!!お母さんが変!剛がいないって言ってる!」
祖父は途切れ途切れ泣きながら答えた。
「・・あの時止めておけばよかった・・・。わしは・・恵子を・・。剛を・・・」
「・・・・」
私はその時、黙るしかなかった。

そして1ヵ月後退院許可が出た。それと同時に母との別れとなった。
母と弟は精神病院に入院らしい。何でこんなことになったか分からない。

3年経った今でも、月に3回は母に会いに行っている。弟には会わせてもらえない。
祖父が自殺して、ますます分からなくなる。
でも私は今でも生きている。それだけで十分だ。


750 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:21:43 ID:FQtep/f20
>一瞬白いものが見えた。

くねくね?


751 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 14:25:39 ID:6Jl7rMMY0
>>750
わかりません・・・。でもくねくねだったら私が発狂しますよね・・・。
ハッキリ覚えてないんですが、何かが入ってきたときに、弟と叫びあってた気もします。
そして気づいたら、弟が目を覚ましてわけで・・・。
もしかしたら、その時私も弟みたいになってたのかもしれません・・。
何かのキッカケで我に返って弟を見たから、私が気づく前から弟も発狂してたのかも・・。


777 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 19:42:15 ID:vHyzrGla0
>>747
>近くに民家があったので助けを求めると、
>「ヤマ目にやられたか!」と年配の方が言い、坊さんを呼べと家族に叫んでた。

お世話になった(であろうと思われる)お坊様を探して、『ヤマメ』について訊いてみる、……とか無理かな


780 :本当にあった怖い名無し:2009/10/11(日) 19:56:41 ID:6Jl7rMMY0
>>777
退院してしばらく探したんですけど、民家の人?が違ってました・・。引っ越したのかなぁ。
お坊さんもどこの人か分かりません・・・。

ただ、自殺した祖父の遺書の中に、
『娘や孫が吸われた。中から吸われるのは苦しかっただろう。申し訳ない。
 引き止めなかった自分が一番悪い。わしの苦しみで堪忍してやってくれ。』
って文が書いてあったのは、ハッキリ覚えてるなぁ・・・。

小さくない村なんですけど、ヤマメの事を聞くと皆話しを濁します。
ただ何があったか知りたいはずなのに・・・。
ついでに、病院の看護師さんの話では、3日間寝ている最中に、「あの女入ってくる」って喋ってたそうです。
起きたのかな?って看護師さんが見ても、私は寝続けていたようです・・。

関連記事

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アマガエル飼い始めました
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
最新トラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

プロフィール

まりねこ28

Author:まりねこ28
他にもブログやってます

暇つぶしオールフィクション
スカッとする話などをまとめてます

パチテン777
パチンコ・パチスロの演出やスペックなどを書き上げるところです


にほんブログ村 ネットブログへ

ランダム記事
スポンサード リンク
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。